Home > 会社のご案内[代表岩井結美子のページ]

代表岩井結美子のページ

岩井結美子 岩井結美子
(株)コンシャスインターナショナル代表取締役

メイクセラピスト/心理カウンセラー/魅力ブランディングトレーナー
一般社団法人メイクセラピストジャパンのエグゼクティブ・ディレクターを務める検定の生みの親。

厚生労働省認定 産業カウンセラー/中央労働災害防止協会登録 心理相談員/NPO法人日本アクションラーニング協会認定 アクションラーニングコーチ

『美意識は、過剰すぎるくらいがちょうどいい。』(マガジンハウス) 『どうしたら「デキる男」に見えますか?』中央公論新社(中公新書ラクレ) 『美人セラピー』PHP研究所
−著書−
・『美意識は、過剰すぎるくらいがちょうどいい。』 マガジンハウス
『どうしたら「デキる男」に見えますか?』 中央公論新社(中公新書ラクレ)
・『美人セラピー』 PHP研究所

キャリアの歩み

ほろ苦い社会人デビューは営業。
最初は全く売れず泣きが入る。個人宅のピンポン営業と法人相手の新規開拓に身も心もズタズタ。
しかし、上司からのある言葉をきっかけに覚醒し、トップクラスの成績を上げるようになる。

23歳で無謀な転身。
調子に乗って自らフルコミッションでの契約を申し出て、23歳でフリーランスに。
その直後、某企業と出来高制の契約をし、歯科医院の人材教育とコンサルティングを担当し実績を上げる。(接客や受付スタッフの社員教育を手掛け、半年で来院数・売上を3倍に伸ばした)

セミナー、研修講師としての活動スタート。
カラーセラピストの資格を取得してからは、個人カウンセリング、イベント業務、セミナー講師としての活動も追加。このとき出会ったコンサルティング会社社長によって講師としての仕事を任せられるようになる。

心理カウンセラーへ!
産業カウンセラーの資格取得が人生の分かれ道。運命の心理カウンセラーと出逢う。
彼女のスカウトにより医療機関(心療内科)に心理職として従事しカウンセリングの経験を積む。

メイクセラピーとの出逢い。
心療内科勤務時代に、外見のコンプレックスにより一歩が踏み出せない患者さんへ化粧を行ったのがきっかけでメイクセラピーと出逢う。患者さんの劇的な変容に感動し化粧療法の道へ。
一方で新入社員、営業職、リーダー職など幅広い層に対し、企業内研修や講演、ワークショップを行うなど兼業状態で活動。

そして、夢だった起業。
活動実績を活かし、2003年8月オフィスグレイスを開設。2006年2月に有限会社に法人化し、代表取締役に就任。心理カウンセリング技法を取り入れた独自の『メイクセラピー(化粧療法)』手法を開発し、女性支援を精力的に行う。
2005年12月にPHP研究所より「美人セラピー」を出版。女性雑誌等、メディアでも取り上げられるようになる。
メイクセラピストとしての「顔」のほか、人材育成の社員研修や講演の講師としても精力的に活動。
驚異的なリピート率(90%以上)で、1年の3分の2は講師として全国を飛び回っている。
2011年8月、「株式会社コンシャスインターナショナル」に社名を変更。